既存店の売上に大きく貢献するのがスタッフ。
お客様のお店選びの中でも、とても重要なポイントなんです。

いいスタッフを採用するためにどんなことをすればいいのか。

そして、辞めることなく、お店の顔として長く努めてもらうにはどうすればいいのか。

これについて、しっかり知って実践してみてください。

 

 

「何故、あなたのお店は求人が必要なんでしょうか?」

物事には、原因があって結果があります。

いつもスタッフ不足で困っているお店には、

必ずそれなりの原因・理由があるのです。

まず、それを書き出してみましょう。

 

そうでなければ、多額の広告費用をかけて求人しても、

「ざるの中に水を注ぐようなもの」です。

 

これを考えなければ根本的解決はできません。

スタッフが辞めることには、人手が不足するだけでない

深刻なマイナス要素があります。

些細なことも思いつくだけ書いてみてくださいね。

その上で、採用やスタッフの環境についてここから

しっかりと読んで実践してみてください。

 

 



求人,スタッフ,採用,面接,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ
求人,スタッフ,採用,面接,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ

 

スタッフの採用はお見合いのようなものです。

採用したい人は、どんな人でもいいわけじゃない。

「求人・採用で大切なことは、お互いが求めているものを理解すること。」

ここがスタート地点です。

 

さぁ、あなたがどんな人と仕事をしたいのか、具体的に書き出してみましょう!

 


求人,スタッフ,採用,面接,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ

 

求人にどんな情報を載せていますか?

ミニコミ誌や多くの求人雑誌では「勤務時間や給与など、待遇について」しか掲載していないお店がほとんどです。

勤めるお店を探す人には、「あなたのお店以外にも、たくさんのお店という選択肢」があります。たくさんの候補の中から、あなたのお店を選んでもらうための、情報を提供しましょう。

 

「大きな紙面を使うと、より多くの費用がかかってしまう。」

これが、今までの求人の大きな壁でした。

でも今は、無料で使えるFacebookやブログ、インスタグラムなどのSNS を使ってすることができますし、ホームページも無料で作れる時代になりました。

求人誌からQRコードや検索を使ってより詳細な情報へと誘導する。

 

お店の雰囲気・今いるスタッフ・オーナーの人柄や想い。

「このお店で働いたら、どんな体験・時間を過ごすことができるのか」をイメージして、

「ここで働いてみたい」と思ってもらえること。

 

求人で重要なことは、

他のお店でなく、あなたのお店で働くことを選ぶ理由を伝えることです。

 


求人,スタッフ,採用,面接方法,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ

面接は、複数のオーディション形式で行うと良いです。

集団の中では人は、個人の強みをアピールします。

また、面接時にもあなたのお店への思い、やってほしいことを全て伝えて、

その上で「一緒に働きたいですか?」と質問してください。


 

面接・採用で気をつけたいのは人手が足りないから、とりあえずの数合わせ「とりあえず採用」です。

新しい人は、即戦力にはなりません。今いるスタッフがいろんなことを教える。

つまり、一時的に仕事が増えるわけです。採用を「とりあえず」でしてしまうと、労力も増え、

しかも育たずやめてしまうリスクも大きくなります。

こうして起こる慢性的人手不足は、スタッフのモチベーションをダウンさせ、

サービスの低下から売上ダウンお店の経営悪化にも繋がりかねないことを、しっかりと認識して求人・採用にのぞみましょう。

スタッフの求人・採用は、お店の経営にとって大きな意味を持つものなのです。

 


求人,スタッフ,採用,面接方法,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ,労働環境

人の定着をよくするためには、シフトは1ヶ月単位で組む

①毎月20日までには、翌月の休み希望を出してもらう。

②25日に翌月の仮予定を一旦公開。都合の悪い場合は申し出てもらう。

③都合の悪い日を他の人と交渉。出勤・休みの調整を行う。

④月末には翌月1ヶ月分のワークスケジュールを渡す。


 

シフトは必ず、1ヶ月単位で組むことです。

個人の予定も立てられないようなお店では誰も働きたくないからです。

短期間で人が入れ替わる、辞めるお店はシフトが1週間、2週間しかわからないお店がほとんどです。

 

逆に翌月のスケジュールが明確なお店はスタッフは

安心して安定的に勤めることができます。

 


求人,スタッフ,採用,面接,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ

 

面接時の労働条件を守る

給与・勤務時間・勤務日数など、面接時に確認し、採用時の条件を守る。

 

アルバイトもパートも月間にどのくらいの給料が必要かの目安を持っています。

少なくなれば生活に支障が出ることもありますし、扶養の範囲内で働きたいと

思っている方もいます。

いずれにせよ、面接時にきちっと確認して、採用時の条件を守りましょう。

 

 


求人,スタッフ,採用,面接,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ

接客の教育をしよう。

 接客でスタッフに、喜びややりがいを感じてもらうには、

決まり切ったマニュアル通りの接客用語での接客はしないことです。

 

 

 


求人,スタッフ,採用,面接,飲食店,シズル,コンサルティング,藤岡千穂子,骨太クラブ

 

◆美味しさ説明のロールプレイング◆

 ただ単なる注文を取るだけの仕事に、面白みを見つけられる人はいないでしょう。

オーナーやスタッフがお料理について知り、お客様に説明する。

それでお料理を選んでもらったり「進めてもらったお料理、美味しかったよ。」など、

お客様からの反応を実感すると、接客に喜びややりがいを感じることができます。

 

◆一番商品・主力商品ベスト5の美味しさの共有◆

 1、美味しさ説明のロールプレイングシートの作成

 2、スタッフもお料理・商品を食べてみる

 3、食べた感想を書き出す。

 4、全員共通のマニュアルではなく、それぞれどう説明するかを考える。

 


 

◆「このお店で働くの楽しい!」と思ってくれるか◆

 働くスタッフが全員「このお店で働くの楽しい!」って思ってくれれば、やめる人はいないでしょう。そのために大切なことが3つあります。

 

 1、しつけ=教育・・・お店のルールを守れる

 2、お店のコンセプトや目標を共有できる

 3、個人の目標も明確にして個人の成長を実感できる

 

 

◆このお店で働くのが楽しいという環境づくりのためにやるべき4つのこと◆

 

 1、お店の目標や商品情報共有化のための毎月ミーティング

 2、それぞれの成果を認め合う達成会や懇親会の開催

 3、個別面談(毎月1人30分程度)

 4、まかない会の開催・・・商品を食べながら、商品を学ぶ会

*誰かが教えるというよりは、スタッフ同士が交流しなから、お互いにやっていることをシェアして、それを実際にやってみる流れを作ります。

 

お客様に褒められるだけではなく、スタッフ同士で褒めあう場があることで、スタッフはのびのび、いきいき楽しく日々仕事ができるようになります。