既存店の売上を上げる極意は実はたくさんあります。
その中でも大きなものがお店のレイアウト。
今更そんな大掛かりなコトは…そう思うかもしれませんが、これがとても重要なんです。

 

 

◆ 繁盛店の3つの共通点

 

1、間口を大きく見せる(明るくする)
2、店内が外から見える(お客さまに安心感を与える)

3、看板には「冠名+店名+商品写真入」(何屋かはっきりわかるようにする)

 

 


 

◆ キッチンの原則

 

 

1、入り口すぐに1番・主力の実演がある

2、実演は火・炎・熱・香りのあるもの

3、キッチンと客席は一体

4、調理の手元が見える

5、ハサミ混むと興奮大、集客大

 


 

◆ オープンキッチンで「一番商品」をつくる

 

キッチンは店全体の3分の1、客席は全体の3分の2が目安。

 入り口すぐにはキッチン。その周りにカウンターを7席以上つくります。

それ未満だとお客さまは座ってくれません。
カウンターは調理とお料理の提供の両方ができます。
人の数を少なく営業ができるので、小型の店舗はカウンターがいいでしょう。

 


 

◆ 入り口で見たものはよく売れる

 

 

繁盛の店作りで最も意識して欲しいのが『入り口』です。

お客さまは見たものを注文します。そして、そのインパクトが強い程、その商品を注文。

入り口のインパクトは「シズル感」。
「第一印象のインパクトの強さ」+「あなたのお店らしさ」

           +「欲望を満喫する」+「効率の良さ」

 

下の事例の焼き鳥の店舗も、お店に入って客席に座るまでの入り口付近に、
必ず一番商品が見えるような造りになっています。

 


 

既存店の売上を上げる極意はたくさんあります。
その中でも大きなものがお店のレイアウト。

売り上げアップを確実なものにするために、

ぜひ、取り組んでいただきたいと思います。

 

 

 

もっと詳しく知りたい方は飲食店経営のバイブル

「飲食店を開店・開業するまでに読む本」を

読んでみて下さい。

 

本の詳細はこちら

↓ ↓

飲食店を開店開業する前に読む本,書籍,新刊,藤岡千穂子,シズル