既存店売上アップ,ノウハウ,売れる売り場,人気商品
既存店売上アップ,飲食,売れる売り場,シズル
既存店売上アップ,一番商品化の原則,売れる売り場,人気商品

 

 

 一番商品の売れ行きをみれば、

 あなたの店の売上動向は、手に取るようにわかる!

 

 

売上アップのコツには、「一番商品化の原則」があります。

下の図のような棒グラフで表現できます。


 

◆ 繁盛店の共通点

 

 原則では、グラフのように、

基本的に一番売れる商品の売上の70%が、二番目に売れる商品の売上になります。

そして、二番目に売れている商品の70%が三番目に売れる商品……と、順々に

7掛けの売上になります。

 

 そこで、売上アップするには、この一番売れる商品をさらに、売れるようにします。

当然ながら、一番商品が売れ伸びれば、二番目の商品もその70%となり、売上が上がり伸びてます。すると、三番目の商品も……と順々に伸びていきます。

この結果が、売上アップです。

繁盛店の売上はこうして創られていきます。

 

◆ あなたのお店の1番商品は?

 


実際の売上構成を見てみましょう。
商品別売上をチェックすると、一目瞭然です。
当たり前ですが、一番売れているのが1番商品。

 

他の商品とは売上・販売個数が明らかに違う1番商品が

あなたのお店にありますか?

もし、なかったらそれはお店として不健康な状況です。

 

この先もしっかり読んで、1番商品を作って下さい。


 

 

 ◆ 第一印象で全てが決まる

 

お客様の「一番最初に目にしたもの=第一印象」ですべて決まります!

 

だから一番商品の、第一印象のインパクトを強くします。

お客様に一番最初に見せつけることです。

 

◇ いちばん最初に見てもらうために

 

メニューでは、必ずTOPに掲載しましょう。

 

店づくりでは、入り口すぐにキッチンを。

メニューブックでも、お客様が一番に目にするところに配置します。

まずはじめにおすすめする環境づくりをしましょう。

 

◇ 一番商品を作る時の原則

 

 

◇ 売上アップを確実なモノにするために

 

①この一番商品は、売上構成比率7%~9%を目標とし、

店全員の共通認識にしてください。

 

②開店後には、この一番商品の売上を記録して、

毎月の販売が伸びることを「一目管理」してください。

 


 

◆ 2つの視点

 

◇ 「繁盛原則」を付け加える

 

ボリューム…普通の1,3倍以上の量

色彩…7種以上の盛りつけ

下品な味…しっかりとした明確な味、甘いものはより甘く

鮮度…できたて、新鮮、より美味しく(熟成)

 

◇ 「時流』を付け加える

 

本物・本格感…より美味しくする、本来的な調理

鮮度・できたて…冷凍より生へ、生から旬へ、加工品ではなく手づくりで
技術力…より本物的作業、調理熟成、一から仕込む

個別対応…“よりおいしく”を提案する

     →お客さまの好みをつくり、そしてそれを要望として受け入れる

 


 

◆ 3つの表現

◇ シズル化

 

オープンキッチン…キッチンの調理が見える

シズリング…湯気、ジュージューと音を立てる

実演調理…テーブルで調理する、最後の仕上げをする

テーブルサービス…テーブルの上でつぐ、テーブルの上で取り分ける

 

◇ 説明化

 


A、おいしい理由 

B、由緒由縁   

C、製造法・作り手

D、素材の良さ  

 

これら主力商品(フード・ドリンク・デザート等)を

決められた人により、しっかりと説明


 

◇ デフォルメ化

 

上記の内容を

・極端にメリハリをきかす

・いびつなくらい強調する

・存在感のある大きさ、面積を持つことで「差別化」をはかる

 

 

 


飲食店,継続,繁盛店,ノウハウ,方法,シズル

 

 

 

もっと詳しく知りたい方は飲食店経営のバイブル

「飲食店を開店・開業するまでに読む本」を

読んでみて下さい。

 

本の詳細はこちら

↓ ↓

飲食店を開店開業する前に読む本,書籍,新刊,藤岡千穂子,シズル